首都大学東京 三曲会

新入生の方へ 概要・年間予定
楽器の紹介
「三曲会の紹介」は上記の3ページに分かれています。

三曲会の紹介 > 楽器の紹介

いわゆる「おこと」です。三曲合奏の中心を担う、重要な楽器です。13本の弦を爪で弾いて演奏します。
独奏から箏同士の重奏、尺八や三絃との合奏・ピアノやフルート等の西洋楽器との合奏など、幅広い分野の演奏が可能です。楽譜も一番多く出版されています。
三曲会では、最もオーソドックスな13本の弦を持つ「箏」と、17本の弦を持ち低音部を担当する「十七弦箏」の2種類を使用しています。この他にも15弦箏・21弦箏・25弦箏などもあるようです。
女性の奏者が多い印象がありますが、男性の奏者も多いです。
三絃(三味線)
三味線という名称が一般的ですが、三曲合奏では「三絃(さんげん)」という名称を用います。
西洋楽器のギター・マンドリン・バンジョー、あるいは中東のシタールといった楽器に良く似た撥弦楽器で、3本の弦を「撥(ばち)」と呼ばれる道具で叩いて演奏します。
三味線には、吉田兄弟で有名な「津軽三味線」がありますが、三曲会では主に「地唄三味線」あるいは「長唄三味線」を用いています。
和楽器との合奏の他、ロック調の曲にもよく合います。
上記の理由からか男性部員の人気の高い楽器ですが、女性の奏者も多いです。
尺八
中高音域を奏でる管楽器です。「尺八」の名称の通り、長さが1尺8寸の物が最も一般的であることから、この名前が付いたと言われています。
1寸長く(短く)することで基音(穴を全部塞いだ時に出る音)が1音低く(高く)なるので、色々な長さの尺八を持ち替えることで、色々な調の曲を演奏することができます。ですから、必ずしも尺八の長さ=1尺8寸ではないということですね。
独奏(本曲と呼ばれることもあります)、三曲合奏の他、西洋楽器との合奏等、あらゆる演奏形態に対応でき、静かな曲から激しい曲まで色々な音色を奏でられる、非常に自由度の高い楽器です。一方、熟練するまでに時間と根気が必要な傾向があります。
世間では男性の奏者が多数を占めているようですが、三曲会では女性の演奏者も多いです。
篠笛
高音域を奏でる管楽器です。西洋楽器のピッコロに良く似ています。
透き通った綺麗な高音を奏でることができます。他の楽器との相性もいいです
二胡
二胡は厳密には中国の楽器ですが、胡弓は奏者も少なく楽譜もあまり出版されていないので、三曲会では二胡が使われるようになったそうです。
弓を使って弦を振動させる、ヴァイオリンのような楽器です。
胡弓のパートで三曲合奏に加わるほか、三曲会ではピアノやギターと合奏することも多いです。
一度聞いたら忘れられない、素晴らしく美しい音色を奏でます。一度上手な先輩の音を聞いたら、その魅力に取り付かれること間違いなしです。